HOME>注目記事>自宅にピッタリのものを選んで施工を頼もう

床を満足できる状態にしよう

女性

自宅の床が色あせてきたのなら、フロアコーティングが剥がれてきていると考えたほうがよいでしょう。そのまま剥がれると、床が汚くなってしまうので、その前にフロアコーティングをやり直したほうがよいです。業者に頼めば、完璧に行ってくれるため、色あせのない新築のような床に戻すことができます。ただし、フロアコーティングには種類があるので、きちんと比較をして選定しなければ、満足できる結果にならないでしょう。予算はもちろんのこと、耐久性や輝き具合などもまったく異なるので、それぞれをじっくりと比較しましょう。比較するために必要な情報は、フロアコーティングを行ってくれる業者のウェブサイトでチェックできます。

耐久性を考えよう

空き部屋

フロアコーティングの耐久年数は、5年のものもあれば、20年近く持つようなものもあります。いろいろな種類があるので、やり直す手間や予算を考えた上で比較をして、適切なものを選びましょう。もちろん、20年のほうが高いですが、5年の4倍の値段がするというわけではないため、長期的に見れば得をできる場合もあります。ただし、利用したい場所によって、選んだほうがよいフロアコーティングもあるので、まずは業者の方に相談してみましょう。

輝き方を知ろう

床

フロアコーティングの種類が異なれば、利用する溶剤も異なるので、仕上がりの見た目にもずいぶんと違いがあります。特に、輝き方は違いが大きいため、好みに合わせたいなら実物を見てから決めたほうがよいでしょう。実物は業者に頼めば、見せてもらえるので、輝き方を比較して自宅にピッタリなものを選ぶとよいです。輝き方が気に入らない場合は、わざわざフロアコーティングを剥がしてから、再施工することになるのでじっくりと考慮した上で決めましょう。

広告募集中