HOME>ホットトピックス>床を守ることだけでなく、生活環境も考える

特徴を知る

フロアコーティングをするときには、業者を比較することが大事であることはもちろん、使用するコーティング剤のことを知る必要があります。コーティング剤にはいくつかの種類があり、特徴が異なり、施工価格も変わります。耐用年数や強度が高いものほど高価となります。施工する広さや施工する目的を明確にして、適切なコーティング剤を選ぶ必要があります。また、それぞれのコーティング剤の特徴を把握することも大事です。

さまざまな検討要素

フロアコーティングの目的はフローリングの劣化を防ぐというものです。その上で、どのくらいの耐用年数を期待しているのか、床の滑り具合をどうするのか、紫外線から床を守ることができるのかなどを比較することがコーティング剤選びにおけるポイントです。

影響のことも知る

例えば室内でペットを飼っている場合、ペットの爪などの傷から床を守るためにフロアコーティングをするケースがありますが、その際には滑りにくいコーティング剤を選ぶ必要があります。それは、フロアコーティングをすることで床の摩擦が減少すればペットが歩く際に負担になる可能性があるからです。床を守ることは大前提ですが、その影響についても比較することが重要であると言えます。

時間的な問題について

コーティング剤は種類によっては乾燥までに時間がかかることもあります。つまり、コーティング剤によって、フロアコーティングの工事期間は変わります。つまり、時間的な側面からも比較することが必要となることもあります。

広告募集中